青と赤の京葉線

    いつも京葉線 そのいつもがたまらなくいい

    トップページ

    _X9A3151-送


    当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
    2013年4月から2015年11月初旬まで毎日更新を続けて参りましたが、多忙などの事情により現在は不定期更新とさせていただいております。
    毎日更新だけがとりえでしたが、それが途絶えるということはこのブログも潮時でしょうか…。

    どうぞ、ごゆっくりご覧ください。コメント、リンクなどお気軽にどうぞ。

    ↓軽い自己紹介です。 続きを読む
    スポンサーサイト

    テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

    1. 2037/01/01(木) 00:00:00|
    2. トップページ
    3. | トラックバック:2
    4. | コメント:6

    電連

    _Z9A3188-送

    なにやら554+F54の電連が話題になっています。たまたま休みだったので誉田に行ってみました。
    詳しいことはさっぱりですがレーザーが出ています。と、小学生みたいな観察しかできません。

    この前は勝浦の花火大会にいってきましたが、肝心の233とのカットは微妙…。

    テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

    1. 2017/08/17(木) 20:00:00|
    2. E233系分割
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    NN出場

    _Z9A2689-送

    TK入場でしょ。と思い込んで友達と写真展に行ってたら中央線を下り、山へ向かっていくケヨ520の目撃がちらほら…。

    出場の日程に合わせて仕事の休み希望を出して、高速バスを予約して準備万端。
    ベターな撮影地ですが、緑と赤は合いますね。この後、知り合いの方に車で救済していただき、楽しい楽しい遠出になりました。

    しかし、中央線は撮りたい場所が多すぎて、撮影地を絞るのに苦労しました。今後も1ヶ月に1回は長野に入場してほしい。

    テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

    1. 2017/07/28(金) 20:00:00|
    2. E233系貫通
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    西船橋運用

    _X9A9213-送

    今年のダイヤ改正から誕生した京葉車による東京からの西船橋行き。233が唯一入線していなかった高谷支線に入る運用となりましたね。
    休みが少なく、成勝を優先して撮影してたので未だに撮れてません。しかし東京は3番発みたいなので、冬はバルブもいいですね。

    南船橋側からも3往復体制の西船橋行き。電車によって乗客のムラがあるようなので、再度2往復になるかもしれませんね。

    テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

    1. 2017/07/21(金) 20:00:00|
    2. E233系貫通
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    7年

    _X9A9663.jpg

    京葉線のE233運行開始から7年。早いのか遅いのかわからない。
    なにかの節目ぐらい更新しないとなあ。

    7月の1日が土曜だから30日にボーナスが入るかと思って0時まで待ち構えてたのですが、まだ入ってないんですけど…。

    テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

    1. 2017/07/02(日) 20:00:00|
    2. E233系貫通
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    あか

    Author:あか
    ひたすら挑戦。
    勝利に、激Vに貪欲であれ。

    最新記事

    ついったー

    @aoiakai553 からのツイート

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    トップページ (1)
    京葉線 (1227)
    E233系分割 (592)
    E233系貫通 (414)
    201系 (34)
    205系 (32)
    209系500番台 (36)
    E331系 (5)
    通快 (1)
    その他 (108)
    特集 (3)
    歴史 (2)
    JR(その他) (101)
    登山 (14)
    雑記 (14)
    未分類 (31)

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    訪問者数

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する